最小変形DX ソルΣグラヴィオン
スタジオハーフアイ
スタジオハーフアイのアルティメットプロジェクト、とりを飾るのはソルΣグラヴィオンであります。
今回、最小変形DXと銘打つだけ当て、ゴッドグラヴィオンよりも一回り大きくて、かなり存在感があります。
最小変形シリーズの残念なところとして、差し替えがあるのですが、まあ、そんなことはあまり気にならないくらいのかっこよさです。
でも、拳が差し替えじゃないというのには感心しました。ちゃんと中から出てきてくれます。感動。
グラヴィオンシリーズも3作目ということもあって、かなり完成度は高いです。
今見ると、ゴッドグラヴィオンなどは、かなり間接がへたってしまっていたり、接合部がいまいちかみあわなかったりするのですが、今回は、きっちりとはまってくれて、気持ちがいいです。
これでかざっておきたいくらいかっこよいのですが、今回はそういうわけにはいきませんよね、そう!アルティメットプロジェクトを完成させなければならないからです!
アルティメット用に新造されたグランΣ。見た目はほとんど変わりませんが、かなりギミックが追加されてます。
ソルグランディーバを合体させた、Gグラディウス。
あのゲームとは関係ない。(と思う。)

通販特典は、富士山の背景画と握手の握り手。
こんなシーンあったっけ?とおもって探してみたら、ありました、グラヴィオンツヴァイの第10話に登場していたんですね。すっかり忘れてました。

コアにグランカイザーにすることにより、ソルグラヴィオンにすることもできます。ちゃんと、顔が専用のものになってるんですよ。芸が細かい。
そして!
これですよ、これ。この存在感。最凶合神アルティメットグラヴィオン。
ソルグラヴィオンにグランディーバを合体させちゃういう、もう、むちゃというか、すごいというか、もう感動。つーかね、合体というか、もうむりやりくっつけちゃったって感じなのね。だから、もう、ちょっとさわっただけで崩壊しそうです。
でも、この存在感。たまらんですねえ。すべてのグラヴィオンシリーズを買い続けてきた甲斐があるというものです。
シリーズの監督でもあるおお大張正己氏書き下ろしの、オリジナル武器、「超重弾劾剣」が付属。でかい!でかすぎる!持ち上げられない!だってアルティメットグラヴィオンの慎重よりでかいんだもの。