ガンダムフィックスフィグレーション#025
クスィーガンダム(ペネローペー)
BANDAI
ガンダムフィックフィギュレーション第25弾は小説版ファンお待ちかね、クスィーガンダムですよ。
あのガンダムとは思えない独特のシルエット(いい意味ですよ。)見事にカトキアレンジされて立体化されております。
ミノフスキークラフトで自由に空を飛び回るにはここまでごてごてとしなきゃいけませんかというくらいのボリューム。しかも、あらゆる部分がとんがりまくり。
いろいろいじりながら、腿の上に置いたらいてえのなんの。
でも、これがクスィーガンダムの醍醐味ですよね。
って、店長小説読んでないんですけどね。
空を飛んでこそのクスィーガンダムですから、とうぜんスタンドが付属しておりまして、いい感じにディスプレイすることができます。
また、肩のパーツを組み替えることにより、高速飛行形態にすることもできます。音速で飛べるらしいですよ。すごいですね。
さてクスィーガンダム以上にすごいことになっているのが、クスィーガンダムのライバルペネローペーであります。
このごつさ、このボリューム。もはや、MSと呼べるんでしょうか?だって顔がほとんど隠れちゃってますよ。しかも腕がほとんど動かせません。これでどうやって戦えというのでしょうか?でも、かっこいいんだよ〜これが。
かざっとくには、存在感ありありのペネローペーがおすすめです。
今回初めて知りましたが、ペネローペーはオデュッセウスガンダムというMSにフライトユニットをくっつけたMSなんだそうです。今回はフライトユニットを取り外してオデュッセウスガンダムにすることもできます。またはずしたパーツは組み合わせて独立したフライトユニットにすることもできます。なんか無理矢理なきもしますが、かっちょいいです。