完全変型 ゴーダンナー
スタジオハーフアイ
さて、今回の完全変形はゴーダンナー。え?ゴーダンナーって変形したっけ?変形っていうか、色が変わっちゃうじゃない。そんなの再現するのむりっしょ。と!おもってたら、さすがはスタジオハーフアイ、やってくれましたよ。
色が変わるという、とんでもない変形というか変身といった方がいいかもしれませんが、見事に再現しちゃったんですよ。
青いゴーダンナーから、赤いツインドライブモードへと見事に色が変わっちゃってます。ぱっと見信じられないですけど、これがまた、見事に変形してくれるんですよねえ。
しかもですよ、このとんでもないギミックを盛り込みながら、ちゃんとネオオクサーを体内に収納するんですよ。もーそんなのオミットしちゃってもいいじゃありませんか。でもそれをやっちゃうのがスタジオハーフアイなんですねえ。
ネオオクサーだって、手を抜いてませんよ。各間接は見事に稼働しますし、スタイルだって、ばっちりです。
欠点といえば、とても繊細すぎるということでしょうか。表面の装甲が入れ替わる&ネオオクサーの収納というギミックのせいでとにかくすべてのパーツが薄いのです。細かいというより、”薄い”のです。それはもー繊細を通り越してます。ちょっとでも力の入れ方を間違えたらぱきっと行きそうです。というか、行ってしまいました。(なんとか修復しましたけど。)
それでも、この驚愕のギミック、変形マニアなら体験すべしですよ!
見事に、体内にネオオクサーが収納されてます。
足は、ゴーダンナーの太ももに収納されてますが、これって設定上どうなんでしょう?アニメの合体シーンを何度見てもネオオクサーの下半身がどーなっているかわからんのです。
こうやって、ラブラブモードも再現できるぞ。
通販特典の炎の一部がとれるようになってまして、腕などに巻き付けることができます。
「はあ〜とぶれいか〜〜!!!!」
これだけのギミックが盛り込まれながら、可動範囲はかなりのものです。アニメのシーンも十分に再現できます。
初版特典の、メンテナンスハンガー。
特典の方がかさばってます。でも、かっちょいいっす。