ROBOT MUSEUM PLUS
ゲッター1 ロールアウトVer.
海洋堂
「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」よりゲッター1です。
原作のイメージが色濃いデザインをダイナミックに立体化。
このシリーズの特徴はなんと言ってもその特殊な関節にあります。
説明するのはむつかしのですが、ガンプラのような単純に縦、横に曲がる関節とはまったく違うのです。なんだか、斜めにとか一見おかしな方向に曲がったりするのです。
しかし、それはでたらめに曲がっているわけではなく、計算しつくされた関節なのです。
店長は仁王立ちさせたポーズが基本的に好きなのですが、このシリーズを生かすためにはこの特殊な関節を活かしたダイナミックなポーズをつけさせるのがベター。
他の稼動フィギュアでは絶対にでないなんともダイナミックかつ動きのあるポーズをつけさせることができるのです。
というわけで、あのビデオのハイテンションな熱血ポーズを見事に再現することができます。
もっといろいろなアイテムを出してほしいシリーズなのです。