ガンダムフィックスフィグレーション#10
RX-78GP04G ガーベラ
(AGX-04A1 ガーベラ・テトラ改)
BANDAI
カトキハジメ氏プロデュースガンダムフィックスフィグレーションシリーズ第10段。
つくづく、このシリーズはどういう基準でアイテムを選んでいるんでしょうか?という疑問が湧いてしようが無いですが、今回はGP04ガーベラです。
GP04ですよ、しってます?GP04なんてあったの。
っていうか無いんですよGP04なんて。出展はわかりませんがなにかの後付けの設定でGPシリーズの開発において没になった機体ってやつです。
出すか?そんなマイナーなの。
初めて見たときは「なんだよGP04って、無理があるんじゃねえか?」と思ったもんですが、こうしてみるとかっちょよいじゃあありませんか。
とくに背中の無駄に巨大なプロペラントタンク。これぞカトキメカって感じですな。
しかし、それでもGPシリーズからするとやや没個性感がぬぐえないという気がしますが、今回はびっくりギミックが。
なんと、装甲を取り替えることにより、ガーベラ・テトラ改になるのです。
って、これまたマイナーな機体だなあ。
それも、装甲を取り替えるったって、ほとんどのパーツを総とっかえしてるし。これじゃ、二体セットにしたほうが早いんじゃねえか感がしてきますが、ギミック大好きさんの店長にはこういうのがたまらんのです。
やっぱ、おもちゃはいじくり倒さないとね。
店長不覚にもこれを買うまでガーベラ・テトラ改ってよく知らなかったんですが、これもまたかっこよいので、みんなも買うと良いです。
画像は無いですが、背中のボリューム感がこれまたカトキメカ炸裂してます。
上がガーベラ、下がガーベラ・テトラ改です。 共通パーツはこれだけ。